Digital 2.0がもたらすバンキングビジネス変革の波

今後の展望

Digital 2.0は、バンキングエコシステムに長期的な変化をもたらすことになるでしょう。また、さまざまな規制が変更されて金融機関の相互連携が向上するにつれて、市場が発展しパートナーエコシステム内でレベニューシェア(収益分配)メカニズムが標準化されていくと考えられます。エコシステムに属する多種多様な事業体の間の境界が曖昧となり、金融業界における話題も「銀行 vs フィンテック」から「銀行とフィンテック」へと移行し、顧客にとってより高い価値を生み出すことが期待されています。

コストの削減、そして総合的かつ効果的なサービス提供は、将来激化するであろう競争の中で、顧客満足度の増加につながっていくでしょう。金融サービスの向上は市場規模をより拡大し、それがさらに未来型のバンキングビジネスモデルを牽引していくと見られています。

このことから、デジタル化を加速させるには、ガバナンスだけでなく、人間の労働形態と関連する技能を意識的に変化させていく必要があります。人間味とは顧客にとって大いなる意味を持つものであり、それはこの先も変わることはありません。人間と人工知能の間の適切なバランスを見極めるには、考え抜かれたフレームワークが不可欠です。 金融バリューチェーン全体を通してデータ量が増え、その価値も高まれば、これまでも注意喚起されてきたように、データセキュリティや個人情報保護が重要な課題となるでしょう。

当社は、Digital 2.0のパラダイムを「連続した変化」として捉えています。その「連続した変化」は一連の斬新なイノベーションを通して浮き彫りとなり、時代の先を行く金融機関が新たな価値の創出に向けて投資することでさらに後押しされると考えています。プラットフォーム・シンキング(思考法)、バリューチェーンの重視、そして業界内外におけるコラボレーションによるイノベーション - こうした取り組みに対して、明確なビジョンを持って持続的にコミットすることが成功をもたらすと確信しています。

脚注

1 “Fidelity Has Launched a Robo-advisor Competitor,” Business Insider, July 29, 2016, http://www.businessinsider.com/fidelity-has-launched-a-robo-advisor-competitor-2016-7?IR=T.

2 Diana Asatryan, “Blockchain VC Investment Nears $500M in 2016,” Bank Innovation, March 6, 2017, http://bankinnovation.net/2017/03/blockchain-vc-investment-nears-500m-in-2016/.

3 “Financial Services: Building Blockchain One Block at a Time,” Cognizant Technology Solutions, June 2017, https://www.cogni- zant.com/whitepapers/financial-services-building-blockchain-one-block-at-a-time-codex2742.pdf.

4 “Mizuho Financial Group Partners with Cognizant to Develop a Distributed Ledger Solution for More Efficient and Secure Trade Finance,” Cognizant Technology Solutions, April 25, 2017, http://investors.cognizant.com/2017-04-25-Mizuho-Financial-Group-Partners-with-Cognizant-to-Develop-a-Distributed-Ledger-Solution-for-More-Efficient-and-Secure-Trade-Finance.

Philippe Dintrans
コグニザント ビジネス コンサルティング事業部
銀行金融サービス部門
グローバルコンサルティングリーダー 兼 シニアバイスプレジデント

自身が最高デジタル責任者(CDO)を務めるコグニザントのビジネス コンサルティング事業部 銀行金融サービス部門 グローバルリーダー兼シニアバイスプレジデント。ビジネス/ITトランスフォーメーションから変更管理に至るまで、数多くの大手企業向けコンサルティング案件を統括。マサチューセッツ工科大学院 理工学修士課程を修了した後、INSEADにてMBAを取得。

Amit Anand
コグニザント ビジネス コンサルティング事業部
銀行金融サービス部門
アシスタント・バイスプレジデント

アシスタント・バイスプレジデントとして、コグニザント ビジネス コンサルティング事業部 銀行金融サービス部門に従事。さまざまなクライアント企業の大規模ビジネス/ITトランスフォーメーション、運用モデル、デジタル・イニシアティブといったプロジェクトの統括で15年の経験。インド工科大学デリー校 工学部を卒業し、インド商科大学院(ハイデラバード)でMBAを取得。

Madhusudan Ponnuveetil
コグニザント ビジネス コンサルティング事業部
銀行金融サービス部門
主任ディレクター

主任ディレクターとして、コグニザント ビジネス コンサルティング事業部 銀行金融サービス部門に従事。大規模な運用モデル刷新、業績改善、変更管理イニシアティブ等のプロジェクト統括で12年の経験。ラマイア工科大学(インド) 工学部卒業後、アジアン・インスティテュート・オブ・マネージメント(フィリピン)でMBAを取得。

Siddhant Dash
コグニザント ビジネス コンサルティング事業部
銀行金融サービス部門
コンサルティングマネージャ

コンサルティングマネージャとして、コグニザント ビジネス コンサルティング事業部 銀行金融サービス部門に従事。デジタルバンキング、プラットフォーム戦略、運用モデル設計、業績改善、およびコスト最適化などにわたるイニシアティブのコンサルティングで9年以上の経験。ナショナル・インスティテュート・オブ・テクノロジー・カルナータカ(スラスカール) 工学部を卒業した後、インド経営大学院 アフマダーバード校にてMBAを取得。

Kumar Ray
コグニザント ビジネス コンサルティング事業部
銀行金融サービス部門
コンサルティングマネージャ

コンサルティングマネージャとして、コグニザント ビジネス コンサルティング事業部 銀行金融サービス部門に従事。スタートアップ各社における新商品の立ち上げ、大規模ITトランスフォーメーション、プロセス・リエンジニアリングなど、さまざまなクライアント・プロジェクトの統括で11年以上の経験。米コルビー大学 経済学部卒業後、アジアン・インスティテュート・オブ・マネージメント(フィリピン)でMBAを取得。