次に来るべき銀行変革の波をDigital 2.0がいかに促進するか?

図8で示すように、未来型銀行はブロックチェーンデータベース上の関連情報を共有することにより、KYC用のas-a-serviceモデルを構築することが可能です。ブロックチェーン共有データベースには、権限が与えられたノード間でデータを共有するための通信プロトコルや通信基準を提供する銀行の各種機能が搭載されています。

バリューチェーン全体を刷新する完全なソリューションを構築するにあたり、前述のコンポーネント(オープンAPIを用いたIoT、AI、ブロックチェーン、RPA)はその特性上、相互連携するのに適しています。

たとえばAIは、RPAにとって必然のパートナーと言えます。RPAは反復作業実行の学習が可能ですが、一方RPAと連携するAIは、プログラミングすることなくルールを導き出し、プロセス自動化の設定をより簡略化する学習システムを提供します。コンピュータビジョンや自然言語処理(NLP)などを用いた手書き文書の読解も可能です。しかしながら、オートメーションだけでは克服できない問題が生じる場合もあると留意することも必要です。

次ページ図9で示すように、金融機関が将来的なユースケースを作成し、より完成されたソリューション構築に取り組む際に、Digital 2.0のシナジー効果を考慮しておくことをご提案します。

未来型銀行の構築

Digital 2.0は「個々のコンポーネントが持つ能力」と「エンドツーエンドの顧客体験を強化するデザイン」を融合させることにより、銀行の運営手法に変化をもたらします。 通常、トランスフォーメーションは多くの銀行・金融機関において以下のような4段階アプローチで行われます(図10参照)。

1. 企業レベルでの業務機能を把握
2. 個別に情報が分断されたシステムではなく、各種Digital 2.0の構成要素が集合し生み出されるコンセプトを理解し、新たなアプローチを発見
3. コンセプトを一つのスマート製品としてパッケージ化
4. スペシャリストやデリバリチームのサポートを受けながら、製品オーナーが統括する熟練したグループが製品構想を実現

Digital 2.0の導入に際し、次に挙げる2大原則の順守が成功の鍵となるでしょう。 まず第一の原則は、社会や環境から求められるニーズと社内ケイパビリティの両者を併せて検討し、Digital 2.0コンセプトと製品定義を固めることです。 第二に、一元管理されたインキュベーショングループを組織することが原則となります。コンセプト開発とプロトタイピングを迅速に行い、構築プロセスの段階から顧客を完全に取り込めるよう集中的に対応します。Digital 2.0構想を進めるにあたって、各業務部門が概念化からデザイン、製品提供、そして機能改修に至るまで積極的に関与していく必要があります。